THE 3Bees POST



患者満足度調査によるクリニック経営の見える化(後編)

2018年8月1日 at 12:22 PM

一般的に、企業の経営状態を健全に保つうえで、客観的な指標をもとに定期的なチェックと改善を行うことが重要なのは、言うまでもないでしょう。一方で、「クリニック経営」となると、医師と経営者という二足のわらじを履く院長先生にとっては、そう一筋縄ではいかないのも事実です。押し寄せる患者と日々の治療に忙殺され、専門外の経営に煩わされ頭を悩ませているドクターも多いのではないでしょうか?本稿では、前回ご紹介した方法に基づいてクリニック経営を見える化し、経営の改善に役立てる方法を、実例を交えてご説明します。

患者満足度調査によるクリニック経営の見える化(前編)

2018年7月20日 at 6:54 PM

一般的に、企業の経営状態を健全に保つうえで、客観的な指標をもとに定期的なチェックと改善を行うことが重要なのは、言うまでもないでしょう。一方で、「クリニック経営」となると、医師と経営者という二足のわらじを履く院長先生にとっては、そう一筋縄ではいかないのも事実です。そこで本稿では、2回に分けて患者満足度調査によるクリニック経営の見える化と、定期的な改善活動を行うための具体的事例をご紹介します。

クリニックマネジメント術 第13回 業務日報を診療に活かす(4)

2016年9月26日 at 7:00 PM

「見える化」を改善につなげるー2
前稿では、「業務日報」による経営データの「見える化」のうち、(1)患者数、(2)診療報酬について解説しました。本稿では、(3)患者サービス、(4)業務プロセスの改善について、具体的なポイントをご説明します。

川口眼科クリニック(北海道江別市)の導入事例をアップしました!【サイト更新情報】

2016年1月29日 at 4:47 PM

人口が約12万人の札幌のベッドタウン江別市で、1.2km圏内に4つの眼科がひしめく眼科激戦区に2009年から開業されている川口眼科クリニック。3Beesの8つのアプリとプロダクトのうち、実に7つの製品を巧みに使いこなし、経営や業務を効率化するだけでなく、確実に患者さんの「ファン化」につなげていらっしゃいます。

達人に学べ!3Bees活用術(7)──スマイル眼科クリニック (神奈川県横浜市)

2015年11月3日 at 3:00 PM

扉を開けると来る者を笑顔で迎えてくれる、スマイル眼科クリニック。メディ・ウェブ会長楊が理事長を務めることもあり、3Beesとはもっとも縁の深いクリニックです。受付の大画面には順番表示が、ホームページには待ち時間目安が表示され、BeeメッセージやBee患者満足度調査、ORCA連携も導入されています。

日米の調査にみる医師と患者の信頼関係を生むコミュニケーションとは?

2015年9月15日 at 5:30 PM

医師患者間のコミュニケーションの改善は、「よりよい医療」を実現する上で避けることのできない問題です。しかし、患者が医師に求めるコミュニケーションや、現状のコミュニケーションの課題を把握することは容易ではありません。今回は、アメリカにおける医師・患者間のコミュニケーション問題に関する記事と、弊社が2008年に実施した医師や患者へのアンケート調査をもとに、医師と患者が望ましい関係を構築するうえで抑えておくべきポイントについていくつかの視点からご紹介します。

Bee患者満足度調査に「不満足」アラート機能を追加しました!

2015年9月15日 at 3:03 PM

Bee患者満足度調査に、「不満足」アラート機能を追加しました。
これは、患者満足度調査で「やや悪い」または「悪い」が選択された際、タイムリーにメールでお知らせする機能です。タイムリーな通知を受け取ることで、より具体的でスピーディーな業務改善が促されます。

達人に学べ!3Bees活用術(6)──スマイル・まやクリニック (埼玉県所沢市)

2015年9月13日 at 6:05 PM

患者さんのご意見が毎日得られるBee患者満足度調査は、貴重な学びの源泉です──。西所沢駅近くのショッピングビルの2階にゆったりと構えるスマイル・まやクリニックは2013年の中頃にBee順番管理(旧:Bee診察順番表示)とBee患者満足度調査(PS調査)を導入され、今も継続して活用されています。

リピート患者を増やすことがクリニック経営に与える影響とは?

2015年9月1日 at 2:58 PM

クリニックを安定的に経営するために充分な収益を上げていくためには、当然のことながら、患者さんの数を増やすことは大変重要です。増患対策を考えたとき、重要になるのが「再来患者数」を維持または増加させることです。楊が経営しているスマイル眼科クリニック(横浜市青葉区青葉台)での実際の割合を見ると、2015年7月の全体の患者数のうち、新規は13.9%、再来は86.1%という結果になっています。

クリニック経営の成否を左右する「患者満足度」と「患者満足度調査」とは?

2015年8月25日 at 2:33 PM

「患者満足度」という言葉は、周知の通り一般の企業やサービスで用いられる「顧客満足度」から来ている言葉です。「顧客満足度」は「CS(Customer Satisfaction)」とも言われますが、同様に「患者満足度」も「PS(Patient Satisfaction)」とも表されます。

^