THE 3Bees POST



クリニックマネジメント術 第4回 患者満足度調査を診療に活かす(4)

2015年6月26日 at 4:45 AM

いよいよ、患者満足度調査(PS調査)の最終回となりました。今回は、調査結果を実際にどのように診療に活かしていけばよいかを、筆者が経営するスマイル眼科クリニックを例に具体的に見ていきたいと思います。

達人に学べ!3Bees活用術(4)──赤坂東急クリニック島崎眼科(東京都千代田区)

2015年3月20日 at 11:11 AM

ビル内とは思えないアットホームな雰囲気で来る者を迎えてくれる、赤坂東急クリニック島崎眼科。一昨年Bee患者満足度調査を導入し、毎月1週間調査を実施されています。

達人に学べ!3Bees活用術(3)──アイケアクリニック(埼玉県草加市)

2015年3月8日 at 10:00 AM

一昨年9月に「Bee次回受診目安票(当時、現:Beeメッセージ)」を導入されたアイケアクリニック。一日約150名もの患者さまを診られる中で、「患者さまに次回の受診の目安をお伝えしても上手く伝わらないことがあって、スタッフが確認しに来たり、お電話でお問い合せをいただいたり、時には治療が遅れてしまうこともあり、なんとかしたいと考えていました」。

クリニックマネジメント術 第3回 患者満足度調査を診療に活かす(3)

2015年1月13日 at 12:40 PM

効果的な調査実施方法とは?患者満足度調査(PS調査)を効果的に継続するためには、①調査条件を一定にして集計データの精度を上げること、②患者さんの負担にならないこと、3実施・集計における時間と費 用を抑えること、この3つがポイントになります。

Tips on 3Bees(3)3Beesは複数のスタッフで利用できる!?

2015年1月13日 at 10:59 AM

3Beesには、院内の医療スタッフをメンバーとして追加する機能があります。施設オーナーがログインし、画面右上の歯車マークをクリック、「メンバー管理」からメンバーを招待してください。ご不明な点は、お気軽にお問い合せください。

Tips on 3Bees(2)ホームページに待ち時間を表示できる!?

2015年1月13日 at 10:52 AM

Bee順番管理(旧:Bee診察順番表示)は、「待ち時間の目安」と「現在の診療待ち人数」を自院のホームページに簡単に表示できるツールがあります。 詳細は、基本設定画面の「コンポーネント」をご覧ください。また、ご不明な点は、お気軽にお問い合せく […]

クリニックマネジメント術 第2回 患者満足度調査を診療に活かす(2)

2014年7月18日 at 12:00 AM

効果的な調査票をどう作るか?  患者満足度調査が、より正確に病医院の実体を映し出し、患者さんと医療スタッフの大きな負担にならずに無理なく継続できるようにするには、調査票の質問内容が大変重要になります。また、調査結果の経時的な変化を比較するに […]

達人に学べ!3Bees活用術(2)──吉田整形外科(千葉県八千代市)

2014年7月8日 at 12:12 PM

3Beesのリリース後すぐにBee診察順番表示(現:Bee順番管理)を導入された吉田整形外科。訪れた院内は、多くの患者さんで賑わい、大画面のモニタには順番表示画面が映し出されています。 「当院は患者さんが多く、待ち時間が長かったんです。30席ある待合室の椅子も足りず、立って待つ患者さんが出てくるようになって。患者さんに時間を有効に使っていただくためにも、とにかく、どのくらい待つのかをわかるようにしたいと」。

Tips on 3Bees(1)次回受診目安票は、 患者増につながる!?

2014年6月8日 at 6:14 PM

Beeメッセージ(旧:Bee次回受診目安票)の次回受診目安票は、次の来院時期の目安等を対話の中でスムーズにプリントできるアプリです。 医師からのメッセージを直接手渡しし、患者さまの手元に残せるため、導入された医院では、再来患者数の増加に着実 […]

クリニックマネジメント術 第1回 患者満足度調査を診療に活かす(1)

2014年2月26日 at 10:42 AM

患者満足度調査はなぜ重要か 患者満足度調査(PS調査)は、患者さんの病医院に対する満足の度合いや評価を調べることによって、自院の現状を客観的に把握し、問題点の改善と患者満足度の向上に役立てるためのものです。 PS調査は、一般企業が顧客に対し […]

^