THE 3Bees POST



RPAの医療分野での可能性

2019年3月7日 at 2:19 PM

近頃、IT業界やビジネス系のメディア等で、RPA(Robotic Process Automation)という言葉をよく見るようになりました。しかしながら、いまのところ医療の世界ではあまり聞き馴染みがなく、ほとんどの人が初めて聞く言葉かもしれません。そこで本稿では、少し時代を先取りして、医療分野における今後のRPAの可能性を考えてみます。

患者の待ち時間が増加するメカニズムとは?

2019年2月15日 at 5:40 PM

患者が増えるにつれて「患者の待ち時間が長くなった」という声をよく聞きます。なぜ、患者の待ち時間は増加するのでしょうか。本稿では、待ち時間増加のメカニズムを明らかにするとともに、その対策について考えます。

医療現場におけるITへの3つのニーズ

2019年1月15日 at 3:50 PM

近年、医療IT業界に新規参入する企業が非常に増えています。その背景として、タッチパネルを備えたモバイルデバイス(スマホ・タブレット)の浸透、および場所や時間を選ばず大量のデータに瞬時にアクセスできるクラウドコンピューティングの普及があります。そこで今回は、医療における最新のIT導入トレンドを、現場のニーズを交えてご紹介します。

医療分野のIoTの進展

2018年12月6日 at 5:21 PM

ここ数年、新聞等で「IoT」という言葉を目にすることが増えてきましたね。「IoT」とはInternet of Thingsの略で、一般的には「あらゆるモノがインターネットにつながり、様々な場所に情報が送信され活用される仕組み」と定義されています。実はこの仕組みは私たちの生活の様々なところで活用されつつあり、医療の世界でも「IoT」という言葉が少しずつ浸透してきているのです。本稿では、今後の超高齢社会を踏まえて、IoTの活用が医療の世界にどのような変化をもたらすのか考えてみましょう。

スマホと待ち時間と集患の関係

2018年10月23日 at 12:47 PM

誰もがスマホを操り、インターネットを活用する時代。様々なサービスが世に広まり便利になった半面、時間にシビアになったように感じます。本稿では、そういった患者様の意識の変化が、クリニックの経営にどういった影響を与えるのかを考えます。

電子カルテのデータをクリニック経営に活かす

2018年9月25日 at 10:53 AM

電子カルテは何のために導入するのでしょうか。シンプルな問いですが、明確な解答を出すのは案外難しいことに気づきます。電子カルテには明確な定義が存在せず、それぞれが描くイメージがバラバラなためではないかと思います。本稿では、電子カルテの導入目的を整理し、今後電子カルテをどのようにクリニック経営に活かすべきかを考えてみます。

耳鼻咽喉科クリニックが予約システムを活用する際に押さえておきたい3つのポイント

2018年9月7日 at 12:42 PM

近年、予約システムを導入するクリニックが増えていますが、その活用方法は様々です。予約システム導入の効果を最大限引き出すためには、診療科の特性に合わせた運用と継続的な改善が欠かせません。そこで本稿では、耳鼻咽喉科クリニックにおける予約システムの活用方法についてご紹介します。

患者満足度調査によるクリニック経営の見える化(後編)

2018年8月1日 at 12:22 PM

一般的に、企業の経営状態を健全に保つうえで、客観的な指標をもとに定期的なチェックと改善を行うことが重要なのは、言うまでもないでしょう。一方で、「クリニック経営」となると、医師と経営者という二足のわらじを履く院長先生にとっては、そう一筋縄ではいかないのも事実です。押し寄せる患者と日々の治療に忙殺され、専門外の経営に煩わされ頭を悩ませているドクターも多いのではないでしょうか?本稿では、前回ご紹介した方法に基づいてクリニック経営を見える化し、経営の改善に役立てる方法を、実例を交えてご説明します。

患者満足度調査によるクリニック経営の見える化(前編)

2018年7月20日 at 6:54 PM

一般的に、企業の経営状態を健全に保つうえで、客観的な指標をもとに定期的なチェックと改善を行うことが重要なのは、言うまでもないでしょう。一方で、「クリニック経営」となると、医師と経営者という二足のわらじを履く院長先生にとっては、そう一筋縄ではいかないのも事実です。そこで本稿では、2回に分けて患者満足度調査によるクリニック経営の見える化と、定期的な改善活動を行うための具体的事例をご紹介します。

「働き方改革」シリーズ第5回 今医療機関がすべきこととは?

2018年7月4日 at 5:23 PM

本シリーズではこれまで4回に渡り、医師の働き方改革議論におけるこれまでの経緯について、医師の勤務時間の実態について、また、医師の「働き方」の実際、また、今後の方向性についてご紹介してきました。
今年に入り医療機関が労働基準監督署等から相次いで指導を受けており医師の労働環境改善対策は、まさに待ったなしとなっています。そこで、本稿では特に今年4月に行われた診療報酬の内容にスポットを当て、具体的な対策の方向性についてご紹介していきます。

^