THE 3Bees POST



リピート患者を増やすことがクリニック経営に与える影響とは?

2015年9月1日 at 2:58 PM

クリニックを安定的に経営するために充分な収益を上げていくためには、当然のことながら、患者さんの数を増やすことは大変重要です。増患対策を考えたとき、重要になるのが「再来患者数」を維持または増加させることです。楊が経営しているスマイル眼科クリニック(横浜市青葉区青葉台)での実際の割合を見ると、2015年7月の全体の患者数のうち、新規は13.9%、再来は86.1%という結果になっています。

クリニック経営の成否を左右する「患者満足度」と「患者満足度調査」とは?

2015年8月25日 at 2:33 PM

「患者満足度」という言葉は、周知の通り一般の企業やサービスで用いられる「顧客満足度」から来ている言葉です。「顧客満足度」は「CS(Customer Satisfaction)」とも言われますが、同様に「患者満足度」も「PS(Patient Satisfaction)」とも表されます。

アメリカの医療IT化(ICT化)の現状と動向 | なぜクリニックがITを導入するのか?

2015年7月29日 at 11:26 AM

ここ数年のIT(ICT)の発達と進化を受けて、周知のとおり、医療の分野にも様々なITを活用したツールが導入されています。先生方の中にも、クリニックを経営するにあたり、実際に電子カルテやレセコン、予約管理システムなど、ITソフトウエアを導入したり、導入を検討したりしたご経験のある方は多いのではないでしょうか。

患者の不満第1位!クリニックの待ち時間対策4選

2015年7月21日 at 12:49 PM

病医院に対する患者の不満第1位は、何と言っても「待ち時間」。昨年12月に日医総研から発表された『第5回 日本の医療に関する意識調査』でも、受けた医療に満足していない人のうち、44.4%もの人がその原因を病医院における待ち時間だと回答しています。

患者数の平準化で増患と集患を実現する3つの方法

2015年7月14日 at 4:01 PM

クリニック経営において患者数のコントロールは大きな課題です。
患者数が多いのは望ましいことですが、院内が混雑している状態が続くと患者満足度が下がり患者数を減少させる原因になる可能性もあります。そこで、今回は「平準化による増患」をテーマに、院内の過度な混雑や患者満足度の低下させる一方で増患を実現する方法を3つご紹介します。

ローカルSEOでクリニック・医院へ地元患者を集める5つの方法

2015年7月8日 at 3:47 PM

集患対策としてホームページのSEOに取り組まれていても、まだまだその効果を感じきれていない方もいらっしゃるのではないでしょうか? クリニック経営においてホームページの集客はSEO、その中でも地域住人の方からの検索に対応する「ローカルSEO」が肝になってきます。

医療業界にクラウドの普及が求められる背景や市場規模とは?

2015年6月24日 at 5:28 PM

クラウドという言葉をご存知でしょうか? ICT(情報通信技術)の発達により、クリニックなどの医療現場でも年々IT導入が進んでいます。特に近年はクラウドを活用した様々なサービスが提供されています。

クリニック(病医院)における集患・増患対策総まとめ

2015年6月13日 at 4:22 PM

「最近患者数が減ってしまった…」「もう少し増患したい」という悩みはクリニック経営につきものです。特に開業後数年経つと、よりよい立地に競合クリニックが開業したりするなど、思うように売上がアップせずに経営状況が悪化してしまうこともまれではありま […]

^