reza waitline recall compass pssurvey self_checkin option utm utm utm

スタッフの負担が軽減され、待合室にゆとりが生まれました

PHOTO

2009年に父親である前医院長から「奥秋内科」を継承した奥秋靖先生。地域の「健康のよろず相談所」となることを決意し、病状とは直接関係の無いような世間話にもじっくりと耳を傾ける姿勢で多くの患者様の支持を集めていらっしゃいます。

事例PDFをダウンロードする

奥秋内科

奥秋内科

診療科目 :内科
診察室数 :1室
スタッフ数 :医師1名、スタッフ7名
地域 :埼玉県川口市
導入アプリ: Bee診察予約Bee順番管理Bee患者受付AsuraカルテID連携

3Bees導入前の課題

待ち時間のイライラを解消したい

待合室が混んでくると患者様がイライラ。過去に順番表示システムを検討するも、コストや設置場所に難があり導入は見合わせていた。

スタッフの業務負担を軽減したい

「あと何分かかりますか?」「あとどのくらい待ちますか?」というお問い合せが絶えず、対応に時間を取られることが多い。


3Bees選定のポイントは?

設置場所を自由に選べるか?

3Beesは、iPadやスティック型PCでも使え、余計な導線を増やさずに順番表示画面を設置できる。

レセコンと連携できるか?

レセコン・電子カルテと連携し、順番管理システムに患者情報を取り込むことが可能。


3Beesでこう解決!

Bee順番管理順番表示で、「あと何分待ちますか?」が激減

順番管理システム「Bee順番管理」の導入により、患者様は待合室に設置されたモニターで自分の順番を確認できるようになり、受付への「あと何分待ちますか?」という問い合わせが激減。スタッフの業務負担が軽減された。

Bee順番管理Bee患者受付Asuraで、受付業務を効率化

クリニック向け小型自動再来受付機「Bee患者受付Asura」で、再来患者の受付を自動化。レセコン(クラウドORCA2)と連携することで、患者情報を入力する手間がなくなり、受付業務が大幅に効率化された。

Bee診察予約Bee診察予約で、再来患者の予約にも対応

診察予約システム「Bee診察予約」の導入により、毎週決まった時間に注射を打ったり同じ薬の処方が必要な患者様の待ち時間を短縮

※Bee患者受付Asuraは2017年5月に販売を終了し、現在、クリニック向けiPad自動再来受付機「Bee患者自動受付機」を販売いたしております。詳しくは、こちらのページをご覧ください。
※iPadは、Apple Inc.の商標です。


お客さまの声

ー 3Bees導入の経緯をお教えいただけますか?

(奥秋先生)混んでくるとみなさんイライラしてきて、受付にも「あと何分くらい待ちますか」という問い合わせが耐えない状態になってしまいます。きちんと順番が表示されれば、そうしたことはなくなるだろうと。

ただ、 既存の順番表示システムはコストが高いし、有線繋がなければならないので設置場所も限られる。導線が邪魔になってご高齢の方が足をひっかけたりという事故のリスクは避けたかったので、導入を見合わせていました。 そんな時に、たまたま新聞記事で3Beesを見つけて、これはいい、と。

ー 3Beesの使い勝手はいかがでしたか?

(奥秋先生)説明書がなくても直感的に使えますし、保留機能等、自分でアレンジできる要素も大きいので非常に使いやすい。保留機能については、検査を受けたり検査結果を待ったりしている患者さんは保留ということで診察から除外しています。なぜ待っているのかというのがひと目でわかるようになり、漏れがないようにフォローもできてとても便利です。

また、ホームページに、順番待ちの患者さんの数と待ち時間の目安が載せられるのもよいですね。

ー 実際に3Beesを導入して、期待した効果は出ていますか?

(奥秋先生)十分に出ているだろうと感じています。受付の様子は直接は見られませんが、診察室の中にいてもどのくらいの患者さんが待っていらっしゃるかわかるので、待っている患者さんが増えると自然と巻きが入りますしね。

(西山氏)負担は軽減したと思います。 これまでは、「あと何分かかりますか?」「あとどのくらい待ちますか?」というお問い合せの対応のために時間が取られることが多かったのですが、それが減りましたよね。自動患者受付機を使い始めてからは、受付業務もぐっと楽になりましたし。

ー 患者さまからの反応はいかがでしたか?

(奥秋先生)こうした番号表示は、みなさん意外と大きな病院や銀行等で慣れていらっしゃるので、患者さんの混乱もありませんでした。むしろ、新しいものが入って患者さんが喜んでくださるという意外な効果もありました。

(西山氏)外出されるなど待ち時間を有効に使えるので、待合室全体にゆとりが生まれたように思います。

PHOTO

奥秋内科
院長 奥秋 靖 先生

PHOTO

事務 西山 ゆかり 氏


事例PDFをダウンロードする

奥秋内科の導入アプリ・オプションはこちら

※Bee患者受付Asuraは2017年5月に販売を終了し、現在、クリニック向けiPad自動再来受付機「Bee患者自動受付機」を販売いたしております。詳しくは、こちらのページをご覧ください。
※iPadは、Apple Inc.の商標です。

資料請求・オンラインデモ・その他のお問い合わせ

(9:00-19:00 日曜祝日、年末年始を除く)

資料請求・お問い合わせ